集団就職世代の想い出といま

北東北の奥深い山の集落から15歳の誕生日を迎えたばかりの少年が大都会の町工場に就職した。それから60年ほどが過ぎたいま、さまざまな想い出とこれからを綴る。

硬貨は邪魔なのだろうか?

 硬貨について考えさせられることが相次いでいる。デジタル庁とかキャッシュレスとかよく分からないことが進んでいるだけにその辺の影響だろうと思いますが老人には理解しがたいことである。

 2年ほど前だったと思うが、近所にあった地方銀行の有人出張所がATM(自動受払機)に変わってしまった。その隣には郵便局(ゆうちょ銀行)があり、多くの人は地銀から「ゆうちょ」に切り換えたらしい。そんな話をよく耳にした。その地銀ATMが最近になって「硬貨取り扱い中止」を掲示し、実際に「紙幣」だけの取り扱いになってしまった。ATMになってからも「硬貨」利用していた者としては「理不尽な扱い」を受けたと腹だたしく思うのだが、致し方ない。従って遠くの地銀の有人店舗を訪ねて「硬貨」預けをすることになってしまった。ところが「土日祝日」は有人店舗でも「硬貨」は扱わないと書いてあったような気がする。

 先日は、郵便局で税金のほか電気料金を支払った。手続きが終わると窓口の人が書類を示しながら「来年からはこれらの支払いが有料になります」といったことを説明してくれた。短的には「自動引き落とし」にしてくれということらしい。来年のことだから「勉強します」といって書類をもらって帰った。自宅に戻って少しだけ読んでいると「硬貨」取り扱いが有料になるらしいことが分かった。つまり「硬貨何枚以上は〇〇円」と説明している。硬貨での預け払いに手数料が必要になる。両替ではないのに理不尽だと思うのだがなぜだろうか。

 デジタルとかキャッシュレスとか盛んに言われるようになったようだが、とりわけ「硬貨」は邪魔者になってきたのだろうか。低金利と合わせて変な世の中になってしまったものだ。

新聞料金の値上げですか?

 1週間ほど前だったと思いますが、郵便受けにタオルが入っていた。よく見ると朝日新聞が料金を値上げするために読者に配っているものだとわかった。当方にとっては突然の通告のように思えたが説明書によると紙面で社告を出してあるとも書いてあった。

 ちなみに当方は、時々駅の売店で他紙を買うことがある。現在のところほとんどの朝刊は150円であるが、朝日新聞だけは今月から160円になったそうである。計算してみると約6・7%アップということになる。朝刊のみ月契約だと3826円が4200円になるから10%アップといってよさそうである。釈然としないが新聞無しの生活も考えられないので購読契約を続けることにしよう。

 新聞料金の値上げについて想い出すことがある。もう40年ほど前だったと思うのだが「マーケティング理論」が盛んなころ。マーケティングとは「何か」の知識が全くない若造が人気の高い講師の話を聞く機会に恵まれたのだった。いまでも「マーケティングとは何か」と問われても説明できない。そんな若造にも「製品の値上げ」についての話のことだけは記憶に残っている。

 それは一般的に「値上げ」は製品の「売り上げ減」を招いてしまうから非常に決断が困難であるというものだった。そうした中でも「新聞」は一方的な通告で値上げが容易であるという話しであった。新聞は専売店から宅配するのが一般的であったため値上げもスムーズに行われるとの意味合いもあったと思う。だからこそ「新聞の料金改定」は慎重に慎重を重ねた上で判断しなくてはならない~そんな話でもあったと思う。

 聞きながら、製品の特徴や魅力、需要と供給の力関係または環境変化などを考えていたように思う。サラリーマンが都心に通勤するときに使う路線電車はそれほど選択できるわけではない。電車賃が値上げされたから通勤できないというわけにもゆかない。

 そんな話を想い出しながら、朝日新聞が「どのような理由で値上げするのか」とか「現実の紙面が変わったのか」などに、今まで以上に目をきっちりと開いて経過を見てゆきたいと思いました。

ワクチン接種2回目終わりました

 コロナの感染拡大で東京は4度目の緊急事態宣言です。そして1週間後(7月23日)にはオリンピックが開幕します。

 そうしたなかで当方は14日、2回目のワクチン接種を終わりました。接種時に「チクッとしますよ」と言われましたがまったく痛さは感じませんでした。1回目は、夜中になって注射した回りが痛くなりましたが今回は何の反応もありませんでした。しばらくするとマスクを必要としない日常が戻ってくるのかなと期待しています。

 首都圏で感染者が増えていることが気がかりですが、3密を避けながらコロナとはかかわりのない生活を取り戻したいものです。

6月の散歩は殊勲賞です

 きょうで6月も終わりです。ということは2021年のちょうど半分が過去になったということですね。時間の経過が歳とともに早くなってる感がますます強くなりました。

 この6月、健康を願いながら重ねている「1時間散歩」は26回(日)を数えました。梅雨入りで雨も続きましたが休んだのが4回のみですから「殊勲賞」としました。勝手に450円ほどの白ワインを賞品として贈ることにしました。

 自分で決めて自分に贈る「勝手放題」ですが、毎日1時間歩くことで比較的健康状態を維持しているから”よし”としましょう。

 7月も健康のまま良い成績を残したいものです。感謝。

これは、盆花ですよ

 近所の花壇でキキョウの花を見つけました。少し時期が早いのではないかと思いますが間違いなくキキョウです。育て方が上手なのか背丈が高くその先端に高貴な紫の花をつけています。

 北東北の田舎では「ぼんばな」といってました。旧盆に墓参りをするときに道端に咲いている「ききょう」をへし折って先祖の墓に飾ったものです。野生の「ききょう」は旧盆近くに咲くものと思っていましたが当地では梅雨時に咲くことが普通なのでしょうか。

 昔むかし「ききょう」といえば、少しだけ値段の高い刻みたばこ「ききょう」を想い出します。たばこ好きの兄はほとんど「みのり」(といったと思う)をキセルに詰めて吸っていたが、たまにではあるが値段の高い「ききょう」を吸うこともあった。その兄は「たばこ」の吸いすぎで40歳前後でなくなっている。悲しい事実である。そのためだろうか定かではないが、弟3人はまったく「たばこ」とは無縁の生活を送った。といっても次兄は50歳前で亡くなっているから、人の命は「たばこ」だけに左右されるわけではない。

 いまで言えば「コロナ」で生命を奪われる人もいるのだから、細心な注意が必要だと思います。 

 下の写真は、近所の花壇んで見つけた「ききょう」です。白く映っているのは太陽光線の影響です。

    f:id:yasanjin2016:20210625191523j:plain

 

ワクチン接種しました

 きょう1回目のワクチン接種終了しました。

 予約が午後でしたから、身分証明書などの書類を点検しながら交通事情も考え少し早めに出発しました。会場についたのは予約時間の20分ほど前でした。それでもすぐに番号札をもらい順番待ちしていると10分もたたないうちに受付が済み、とんとん拍子にワクチン接種となりました。

 注射は思う以上に痛みを感じることはありませんでした。その後も何の変化もなく指示された帰宅時間前に2回目の予約を告げられて帰路につきました。

 パート仲間の経験から、翌日まで腕が痛かったとか「利き腕じゃない方に注射した方がよい」など聞いていたので念頭に置きながら行動するつもりでしたがほとんど副反応を感じることはありませんでした。めでたしです。

 次回は7月半ばです。それからしばらくするとマスク無しの生活もいいのでしょうか?。早くコロナを超えて今まで通りの日常に戻りたいものです。

レインリリーでしょうか?

 6月になったころからところどころで見かけるようになります。薄いピンク色の花がすっくと立ちあがった姿は優しさを感じます。なんという花でしょうか。

 細長い葉っぱが伸びて、6月ごろからつぼみをつけた茎がすっくと伸びて優しい花を咲かせます。春先のクロッカスとか夏の玉すだれに似たところがあります。いろいろ調べてみると「玉すだれ」に属する「ザフランサス」ではないかと思われます。この時季に雨上がり後に咲くことからレインリリーと呼ばれるそうです。間違いなければその種類だろうと思います。

 近くでは庭の雑草の中で見かけます。写真は散歩コースの幼稚園脇で密集しているのを写させてもらいました。写真の色は白が強いようですが本当は淡いピンクが映えています。

   f:id:yasanjin2016:20210618193659j:plain