集団就職世代の想い出といま

北東北の奥深い山の集落から15歳の誕生日を迎えたばかりの少年が大都会の町工場に就職した。それから60年ほどが過ぎたいま、さまざまな想い出とこれからを綴る。

孫を援助する後期高齢者と消費税

 先日のこと見知らぬおばさん(おばあちゃん)と、秋からの「消費税10%」に関して意見交換する機会に恵まれました。彼女は、後期高齢者で近年夫が亡くなったために年金収入が少なくなった模様である。

 消費税は上げなくて済むなら上げないでほしい。でも国の借金のことを言われると、孫子の代まで先送りすることはできないと思うの。だから仕方がないのかなあ。

 私は先行き短いから何とかなるとしても、若い人たちは本当に大変なんですよ。息子は零細企業に務めているので世間並みの収入などは無理ですよ。ボーナスなんか大企業のように出るわけないでしょ。だから大学生の孫がいるけど就職するまでは私が援助しなくてはいけないのよ。そのために美容院にはこのところ行ってないし、倹約できるものは一生懸命切り詰めて孫のために仕送りを続けているわけ。でないと息子の家庭が成り立たないわけね。

 消費税を上げることについて、最近「子どもたちの教育のために使う」というようになったけど、本当にそのように使ってくれるなら10%も仕方ないかなと思うの。ほんとうに若い人たちはいま大変なのよ。

 あんたが言うように「国の言う通り」に使われるかという心配はあるよね。それとこのところ物の値段があれもこれも上がり始めたよね。まだまだ上がっていくんだろうかね。スーパーへ行っても随分と値段を気にするようになったよ。

 当座のことを考えると「上げないで済むなら上げないで欲しいよね」。

 

 当方は生活実感から「10%」はやめてほしいこと。10%にしなくても対応してゆけるとの考えも示されていることなどを話しました。

 おばさんのように、孫のことを心配して息子(娘)家族を援助する高齢者が増えていることも知りました。為政者の「財政再建」という名目による「借金の付けを孫子の世代まで先送りしてはならない」との殺し文句が国民に重くのしかかっていることも知らされました。

 今からでも「消費税10%」は食い止められる~との意思に従おう。

満開になった河津桜

 管理をお手伝いしている公園の河津桜が満開となりました。満開となったのは8日(金)でしょうか。それが9日、10日と天気にも恵まれ気温もやや上昇し10日の花の勢いは見事でした。天気さえ良ければこの2~3日が見ごろだと思います。

 公園近くの知人に会うと「この桜だけは、ほかの桜に比べても勢いがあり見事」と話していました。確かにすぐ近くのショッピングセンター中庭にも10本余の河津桜がありますが、枝先に花がないといった異変(?)も見られますから、公園の桜の勢いは見事です。

   写真は10日朝の風景です。

   f:id:yasanjin2016:20190310200835j:plain

 

   

  

   

中学校同級会で62年ぶりの再会

 きょう3月9日、都内で中学校時代の同級会が開かれました。ほとんど毎年のように開催していましたが、今回は32年ぶりに会うことができたおばさんがいました。感激でした。

 今回は男6人と女5人の11人が参加でした。元々中学校を卒業したのは40人前後でしょうか。そのうち10人以上が集団就職で東京や北陸に送られました。その後にも関東周辺に就職する人が続きました。従って関東周辺に住んでいる中学校時代の同級生は多いのです。その中で健康な人は快く参加したということでしょう。

 体調がすぐれないとか家庭の事情で参加できなかった人もいるでしょうから、参加者は「いま現在元気である」という証でもあろう。膝が痛いとか言いながらも参加できた当方も「元気」の仲間と言えるかもしれない。 

 2次会のカラオケでは言い争いもありましたが、中卒15歳の気持ちを取り戻して、再会を約束して帰路につきました。感謝です。

 

 

大戸屋「悪ふざけ」動画に思うこと

 和食レストラン大戸屋のいっせい休業・社員研修が報道された。当然とも思えるが、「それで済むのかな~」との思いも強い。コンビニ大手の24時間営業見直し試行検討も似たように見える。 

 当方にとって「大戸屋」は行きつけのレストランである。店員のマナーに問題視するようなことはなかった。だが、テレビ放映された「悪ふざけ」の画面には唖然とした。驚いたのは、演技する人と撮影する人が合意の上で行動を起こしたことである。しかもその行為を一般公開することを十分理解してのことである。

 おそらく、店員に多くの不満があったのだろう。それをアピールしようと考えたのだろう~と受け止めるのが一般的だろう。そのほかに何か「目立つこと」をしたいといった「好奇心・悪ふざけ」だろうとの受け止めもあろう。その行為が、いまの社会常識(これがあいまいになっている)を超えていることに問題があると思う。 

 3月4日のニュースで、当の「大戸屋」は、一斉休業して社員研修することを明らかにした。ごく当然のことである。研修は普段も行われていることだろうから、いっせい研修でどれだけの効果が表れるか疑問であるが実施に大いに期待したいものである。それ以上に「問題行動」が起こった「背景の真実」を明らかにすることが、店舗や企業の信頼回復につながることではないだろうかと思う。

 問題行動の当人は厳しく問われてしかるべきだが、それだけでなく店舗や企業のあり方(姿勢)の反映ではなかったかを鋭く問い続けることが、信用度を増す道だと思うのです。   

 大戸屋のおいしい定食に感謝しています。

 

消費増税は断念するのがまっとうな施策

 繰り返し主張したい。消費税を10%に引き上げるのは「取り下げる」のがまっとうな施策である。10月からの消費税10%は断念せよとことあるごとに主張する。

 このところ、食料品の値上げがマスコミで話題である。直接の値上げでなくても量や形を変えて実質値上げする(ステルス値上げ)例も増えているらしい。かつて日銀は「デフレ脱却」といって消費者物価2%引き上げを目指した。そうした政策にメーカーの値上げは貢献しているのだろうと推測するが、庶民にとってはいい迷惑である。

 一連の値上げは、秋の消費税引き上げとどのように関連しているかは定かでないが、値上げされた「商品」の消費税も当然増えることだけは間違いない。つまり消費者にとってはダブルで「アップ分」がのしかかってくる。それなりに年金収入やパート時給が連動して上がるわけではない。庶民の家計からは生活必需品の支出が増える=負担だけがのしかかる。

 食料品は8%据え置きだとかカード購入による還元など複雑な施策も打ち出されているが、小売業にとっては煩雑さだけが押し付けられる困りもののようである。カード購入の少ない高齢者やポイント還元に慣れない消費者にとっては「面倒くささの押し売り」にしか映らない。

 10月からの消費増税は断念すべきだ。それこそがまっとうな施策である。

年寄りが寄れば”薬自慢”のいま

 先日のこと80歳前後の男4人の井戸端会議があった。

 82歳の男がミニコミ紙を持ち込み「この人は俺の主治医で随分立派な人なんだ」と紹介する。そのうえで「先生の指示に従い血圧の薬と前立腺の薬を飲んでいるんだが時々忘れることがある」という。それを聞いた80歳の男は「俺もそうなんだ。食後に飲む薬を袋に入れて準備しているんだけど、忘れてしまうことがある」という。それを聞いていた一番若い75歳の男が「俺は、2種類の薬を飲んでいるけど、飲み合わせはよくないと思い量を減らしてほしいと頼んでる」と、薬談議に加わる。

 当方は膝が痛いのだが、現時点で薬を服用していない。もっぱら速足散歩と自分流のリハビリで悪化を抑えている。 

 そんな「薬談議」にに気がついた75歳の男が「とうとう薬自慢しあうようになってしまったか」とこぼすと、大先輩は「違うよ。主治医が立派な人だと紹介しただけなのに~」と、しきりに言い訳になる。

 年寄りが集まると「薬自慢」になるのが、まさに”いまの風景”なのかもしれない。

 

沖縄の県民投票を真摯に受け止める

 沖縄で米軍辺野古新基地の建設が進んでいる。新基地建設に関して県民の意思を示そうと2月24日(日)県民投票が行われた。その結果、建設反対が71.74%を占めた。賛成は18.99%、どちらでもないが8.70%であった。

 この結果を安倍首相は「真摯に受け止める」と表明した。投票結果では7割が「基地建設反対」を表明し、首相は「真摯に受け止める」と表明したから、少なくとも「反対」意思を「重く受け止め」て行動を指示するのかと「思う」のだが、全くそのような気持ちはなかった。そのことに批判が起こるのは当然であろう。 

 県民投票の実施までにはいろいろ経過があったが、結局全県で実施された。法的拘束力はないとはいえ「県民の意思」が示された。そのことを「真摯に受け止める」なら、今までとは違った行動が示されるのが、言葉の文脈上からも一般的と思う。だが県民の意思を踏みにじるような埋め立て工事続行は「糾弾」そのものである。 

 県民の意思を尊重し、辺野古新基地建設を断念し、普天間基地を返還せよと今まで以上に大きな声で叫びたい。そのことが、沖縄県民だけでなくわが国の真の独立につながる「正義」だと信じるからである。

 青年のころ「沖縄返還」のさまざまな集会などに参加したことを想い出しながら、その情熱を持ち続けたいものである。