集団就職世代の想い出といま

北東北の奥深い山の集落から15歳の誕生日を迎えたばかりの少年が大都会の町工場に就職した。それから60年ほどが過ぎたいま、さまざまな想い出とこれからを綴る。

資本主義の不公平さを考える

 ごく最近のこと政党機関紙赤旗」(5月5日)に「不公平な資本主義に対抗する」とのタイトルを発見して興味深く読みました。バングラデシュで「グラミン銀行」を創設し、のちにノーベル賞を受賞したムハマド・ユヌスのインタビュー記事のようである。

 彼は、地球上の紛争は「資本主義に起因している」と明確である。資本主義の「不平等、不公正が紛争の根底に」あるという。それは「とても人類のためのシステムとは言えない」と主張する。そこからさまざまな取り組みが始まったらしい。

 1つはグラミン銀行」(グラミンは「村の」意味)。ご存知、無担保、低金利、少額融資(マイクロクレジット)の銀行である。これで村の貧しい人たちの仕事を作り貧困からの脱出を実現した。 

 二つ目は、「人類の問題を解決することに尽力する無配当の会社」(ソーシャルビジネス)の立ち上げである。イメージがはっきりしないが「存続に必要な経費以外の利益は求めない。生産手段を人類の課題解決に使う」ということらしい。

 これらは博士の、人間には「利潤を願う”利己心”と社会に尽くしたい”無私の心”の両面がある」との考えにもとづく。そして「ビジネスの世界に”無私の心”は入る余地がな」いと考えられがちだが、限界はあるもののルールを作り事業を推進しているという。

 こうした経験から「現在の資本主義に”対抗する手段”」となっているそうだ。最後に彼は「貧困撲滅とは、貧困者が直面する障害を取り除き、自分たちの問題を自分たちで解決できるように貧困者の創造性を解き放つこと」にほかならないと説く。

 格差を広げている資本主義の不公平さを繕う形になるかもしれないが「マイクロクレジット」のような仕組みで希望を生み出すことは改革へのステップと思う。このような積み重ねの広がりが新時代を切り開くことになるかもしれないと感じた。

エンゲル係数と生活感覚

 エンゲル係数は「一般に低いほど生活水準が高いとされる」(総務省サイト)という。それが最近いろいろ話題だそうである。朝日新聞18日付の記事で感じたことをメモしました。

 わが国のエンゲル係数は、2005年22・9%を底にして、その後上昇したという。2016年は25・8%、昨年は25・7%と0・1ポイント下落した。つまりこの10年間ほど生活水準は苦しくなってきていることの証ではないか。エンゲル係数の上昇はそれとして安倍首相などは「アベノミクスによる雇用改善を」強調しているらしい。そこで「エンゲル係数」はどうなっているんだということに。

 専門家は「一定の尺度になるが、エンゲル(提唱者)の時代ほどの役割はない」と説明している。同時に「格差が若干拡大し、水準が『低下した』と感じる人が増えている」とも解説しる。

 一方森永卓郎氏は、エンゲル係数は「普遍的な法則」との考えのもとに、所得階層別に見ると低所得者ほど高い傾向ははっきり出ており、最近10年間で高所得層との差は広がっている。この5年間で実質賃金は約4%も落ちている」と指摘する。

 専門家2人ともエンゲル係数の上昇は、一言でいう”生活水準”というよりも所得階層間の「格差」を広げ”低下した”と感じる人たちを増やしていると見ているようである。それが現実のようですね。10年間も積み重ねられた”鬱屈感”を晴らす方法を教えてほしいものである。ほんとに。

「金融所得」課税が問題のようです

 朝日新聞17日付コラム「経済気象台」に「税による再分配弱い日本」の見出しの記事が掲載された。見出しに惹かれて読んでみると”なるほど”とうなづかされたしだいです。

 コラムは社外筆者によるものらしい。それでも記事を採用したのは朝日である。

 筆者は、所得格差の是正は「わが国でも喫緊の政策課題」と書き出す。そのうえで格差是正のための再分配機能が他国に比べて弱い」と指摘する。それは「汗水たらして稼ぐ勤労所得」とは異なる「金融所得」いわば不労所得の課税率が一律20%と低いためであるといわれる。

 専門家の指摘通りだとすると、せめて「金融所得」の課税率を見直すことは「喫緊の課題」であり、実現してほしいと思う。金融所得は「いわばお金にお金を稼がせるようなもの」らしい。ということは「汗水して」稼ぐより「お金の稼ぎ」の方が勝るわけだから「格差」は是正されるどころか拡大するだけだろう。それを容認する政府と政策が大手を振るっているのが現実か。

 消費税率が8%から10%に引き上げられたら、さらに格差は広がること間違いなしである。そんな為政者が”忖度”しているようでは、犯罪が増える環境を提供しているようなものだと思うのだが、考えすぎだろうか。

映画「マルクス・エンゲルス」を観ました

 4月30日(月・祝日)映画マルクス・エンゲルスを観に行きました。世間はゴールデンウイークの前半という。上映開始40分ほど前に到着したのだが、チケット売り場前には長蛇の列。これでは座って観れるか心配になったが会場担当者の振る舞いから大丈夫そうな雰囲気を感じた。そうしたなか担当者は「こんな混雑は年に1度か2度。私の経験では初めてのこと」と驚きを隠さない。

 ホールに入ると残された席は前方のいわゆる”袖の下”のみ。それでも席を確保できたことに感謝しながら上映を待つ。

 この映画は、カール・マルクス生誕200年に当たり制作公開されたものらしい。つまり1818年に生まれたマルクス(1883年没)の伝記映画のようである。私にとっては、20歳を過ぎたころ夜間定時制高校で資本論という名著があることを教室で教わり、夜間大学で資本論を学習したいという気持ちを膨らませた。そんな経過もあって興味津々の映画であった。ちなみにタイトルにあるエンゲルス1820年生まれで1895年没という。マルクスの大の親友である。

 マルクスの伝記映画と思いこんでいたのだが、どうも伝記とは違うようだ。冒頭から、森で枯れ枝を拾い集めている老人や女性、子供たちに騎馬の警備隊風が襲い掛かるシーンから始まる。近隣の住民たちが生活のために枯れ枝を集めているのだが、その行為は「窃盗」に当たるという。ここで「所有物」と「窃盗」の関係が当時大問題となっていたことが示される。19世紀中ごろドイツで発生した事件に基づいたもののようである。後に「生産手段の所有」「搾取」の解明に行き着くことになるらしい。 

 その後、マルクス(家族を含めた)とエンゲルスの友情や当時ヨーロッパで活躍していた改革者たちとの論争を経ながら共産党宣言を起草するまでを描く。つまり伝記ではなく共産党宣言」起草までの時代と背景をわかりやすく描写したもののようである。

 2時間の上映時間を忘れるような楽しい映画でした。近年の映画鑑賞で座れるかどうかを心配するような混雑ぶりはほんとに初めてである。映画を終えて表に出ると次の回を待つ人たちが道端に座っていた。

 

やりました。4月は29回の散歩

 やりましたよ。4月は30日のうち29回(日)散歩しました。よく頑張ったでしょう。素直に座布団1枚と行きましょう。

 この回数は、早朝に歩いたこと。朝が雨なら夕方に歩けたこと。そんな日が多かったということでしょう。努力もあるが天候条件も重なったことです。早朝にしても夕方にしても4月になってからは真っ暗闇を歩くことがなくなりました。それも条件的には整ってきたことでしょう。

 この調子で、5月も健康維持に向けて努力を積み重ねようと思う。

 感謝。感謝です。

南北統一に期待を持って

 マスコミは一斉に朝鮮の南北首脳会談を大きく報じている。4月27日、いわゆる国境のそばの韓国・板門店の「平和の家」で韓国大統領と北朝鮮委員長の首脳会談が行われ、「板門店宣言」に署名したというもの。

 宣言の内容で注目されるのは朝鮮半島の非核化」が盛り込まれていることであり、南北分断の「休戦協定」「平和協定」に変えようということが折り込まれていることである。この目標が実現すれば、時間を経て核のない朝鮮半島が統一される見通しが出てくるということでしょうから、歴史的な大きな変化だろう。その実現を期待したいものである。 

 38度線を挟んで攻防が続く朝鮮戦争については、毎日郵便配達で届く新聞で矢印の変化を見ていた。多分まだ小学生の頃だったと思う。その後集団就職を経て夜間大学に進むと北朝鮮の躍進が話題であった。しばらくすると日韓条約が結ばれることになりその反対運動に参加することになった。そんな変遷をたどりながらも朝鮮半島の問題と民族の統一については関心を持って見つめていた。

 今回の宣言には”具体性がない”といった批評もあるが、宣言を現実化させるのは国際世論ではないだろうかと思う。目標に向かって一歩でも前に進めることを願っています。歴史の転換点になることを期待します。

見事な花は「クレマチス」でした

 散歩の途中で見事な花に出会いました。

 花の前にはじっと見つめているおばさんが居ました。

 「持ち主の方ですか?」「見事ですね。なんという花ですか?」と尋ねると。

 「私のものじゃない。これは、ここの会社の社長さんが一生懸命に手入れしているから立派に咲いているんだよ」と説明してくれました。そして「花はね。クレマチス、日本では”てっせん”っていうんだよ」と教えてくれました。

 なるほど、よく見ると花は、針金のフェンスの向こう側から伸びている。敷地には会社の看板が見える。花の好きな社長がほかの花も育てているらしい。

 f:id:yasanjin2016:20180427140959j:plain   

 クレマチスまたは「てっせん」キンポウゲ科のつる性宿根草カザグルマとも呼ばれるそうだ。花は4月から6月上旬が見ごろ。花の大きさは10センチにもなるというほど大きく目立つ。それは”風車”にも見えるわけだ。花の色はブルー系、紫系、紅色系、ピンク系など多様で花の形もホタルブクロのようなものもあるそうだ。

 大きな花で、鮮やかなブルーが一斉に咲いていると余計に目立っている感じでした。