集団就職世代の想い出といま

北東北の奥深い山の集落から15歳の誕生日を迎えたばかりの少年が大都会の町工場に就職した。それから60年ほどが過ぎたいま、さまざまな想い出とこれからを綴る。

資本主義はこれで良いのか~企業トップの観方

 朝日新聞12月17日付に「平成経済ーグローバル化と危機」という記事が掲載されている。紙面で企業トップなど3人がインタビューに答えている。関心を持ったのは「資本主義観が変化 分配により力を」との見出しである。話をしているのは宮内義彦氏(オリックスのトップ)。

 私の理解では、昭和の時代では「経済成長」が基本であったが、平成時代では「成長を望まない」人が増えているそうだ。そのために革新的な製品やサービスが少なくなっているという。同時に”会社は誰のものか”の見方も変わってきたらしい。

 宮内氏は「経営者は株主に奉仕する」のが原則との考えで指導してきた。だがこの5年ほどで「そういう資本主義でいいのか」と変わってきたそうだ。そこで「会社は人、モノ、カネをうまく使って経営する。だが人はモノやカネとは違う。最大限の配慮が必要だ」という。そして「次の時代は、より分配に力を入れ」よと答えている。  

 株主配当も分配の仕組みだろうから、そちらの分配ではなく、氏が説明するように「経済活動は人に奉仕するために存在する」に従い”社会福祉的な分配”に重点を移してほしいものである。大企業が内部留保を増やすだけが経済活動の手本ではないと感じました。

感動的な言葉に出会いました

あきらめるな! (がれきを)押し続けろ! 動き続けろ! 光が見えるだろう? そこに向かってはって行け (参考・朝日新聞12月12日付) 

 ノーベル平和賞の授賞式(10日、ノルウエーのオスロ)で、国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の運動推進者で被爆者のサーロー節子さん(カナダ在住)が講演したなかの実体験の話です。被爆の実態を感動的に語ると同時に未来に向かって全世界の人々に呼びかけ・訴えたこの言葉はずっと歴史に残るだろうと思います。

 当方は、生まれて2~3年のころのため第2次大戦についての記憶は全くありません。成長するとともに戦争とりわけ原水爆の悲惨さを知り、人類がどのような理由付けをしようが生きるために作ったり使ってはならないと思うようになりました。それが先の大震災による原発事故によりさらに明確になったと思います。

 頭の中で、そのように思っているだけで、被爆の実態やICANの運動や役割など深い関心を持っていませんでした。しかし、この2017年は、国連で核兵器禁止条約が採択された。その運動に貢献したとしてノーベル平和賞が授与されたわけでしょう。核兵器廃絶に向けた大きな歩みが記録される年だと思います。

 彼女の言葉は「被爆」という戦争の悲惨さと一体となっているが、当方にとっては”人生応援歌”のようにも聞こえる。誰かが”星ほどの明るさが見えるだろう。それに向かってはってでも真直ぐに進むんだ”と励ましてくれているようでもある。貧乏から脱出しようともがき続けてきた我が人生(今後の老後を含めて)にも重なる感動的言葉である。

 被爆体験とわが人生と比べるのは失礼と思いながら彼女の訴えを読み返しています。

ボランティア仲間でランチ忘年会

 12月8日(金)、公園清掃と花壇づくりのボランティア仲間でランチ忘年会を楽しみました。参加者はほとんどが高齢者で男性3人と女性7人。当方はグループのまとめ役ということで年間の会計報告を担当し、無事に終了しました。 

 ボランティア活動は、公園全体の清掃、公園内に花壇を作っているのでその管理などが主な活動。もちろん市の公園ですから設備などの点検報告や改善提案も活動のひとつです。近隣住民から感謝の声をかけられることが多いのだがときおり苦情が管理事務所に伝えられることもあるそうだ。そんなこともランチ会の話題でした。

 仲間でも、花壇づくりに熱心な人やどちらかというと清掃に熱心な人などさまざまであるが、定例活動日以外でもみなボランティアに熱心な人たちである。そうした活動が社会福祉協議会の広報誌に紹介されたこともある。また近くの大手スーパーが行っているキャンペーン活動に参加し、貴重な資金援助をいただいている。

 みんなが来年も元気で活動参加できることを願ってランチ会を終了しました。

 感謝、感謝です。

 

重大ニュースのひとつ

 これは私にとっての重大ニュースである。

 12月7日木曜日、市が実施している高齢者特定健康診査という健康診断を受けました。多分健康診断は7年ぶりになると思う。内容は胃癌、肺がん、大腸がんなどの検診で、経費は無料でした。前の晩から食事を控え、当日はお茶を少々という条件。診察はスムーズに進んだがレントゲン検査が大変だった。バリュウムを飲んで体を回転しながらレントゲン撮影するものだ。何しろバリュウムを飲むのは10年以上も昔に経験しただけで、近年まったく経験していないことだった。

 診断結果は、郵送と医師面談で伝えられるという。医師面談は1月18日木曜日となった。

 さてさてどのような診断が出るか一抹の不安もあるが、診断結果により健康状態がつかめるのだから一安心できると思う。心配事がないことを祈っている。

 

11月の速足散歩は28日(回)でした

 今月はよく頑張った回数(28回)でした。まあ”座布団1枚”としましょう。

 なんといっても、この回数は早朝の天気に恵まれた結果でしょう。秋には心配していた早朝の暗さも今ではしっかり慣れてきた。スタートから帰着までの1時間まったく明け方を感じさせない暗いなかをひたすら歩いている。むしろこれからは、暗さよりも冷たさに気を付けなければと思う。

 12月は年末ということで、外で飲む機会も増えてきそうでアリ、それなりの日程管理をしながら25回ほどは歩きたいものである。

 歩いてもウエイトは増え気味であることが散歩関連での悩みである。

 対策はあるか??

朝日「検証民進分裂」が教えてくれる

 朝日新聞が19日付から「検証民進分裂」を3回にわたって掲載した。総選挙前後の「希望」と「民進」の模様がある程度理解できることが”面白い”と感じた。

 連載で、前原がずっと以前から「民進」を解党したいと考えていたことが理解できた。それに枝野がある程度同調していたことも明らかとなっている。もちろん連合の役割も大きい。

 今回は”解散”が急展開(これは自民の狙いであった)したために「希望」と「民進」があたふたとことを急いだことが挙げられる。だが、そうだとしても「民進党」という政党はどういう議決機関を持っており、それに従って運営されているのだろうか疑問に思った。

 つまり、前原を代表に選出した。彼は以前から解党を志向していたのである。その人を代表に据えたのである。その後、都知事のコイケと内々で相談しているのだ。その代表が、どのような場”機関”で「希望」との合流を提案したのか。その提案をどれだけ論議したうえで承認したのだろうか。そうした経過から”民進党の正当性”が伺え知れるのだが、民進党の規約などに照らしての検証はみられない。いわば”その場の流れでことは決まる”式の政党の形態なのだろうか。なかでも、前原の合流提案に対して参加していた議員たちはどのような受け止め方をしたのだろうか、地方組織をどうすればよいのかなどの意識を持ったのだろうか。おそらく選挙は「どの党の看板が有利か」だけが頭の中を駆け巡っていたのかもしれない。情けない事態であったわけである。

 このように見ると、かつての民主党政権のつまづきに続く2度目のつまづきであり、一般庶民の民進党への期待はがた落ちだろうと思う。

迷惑な轟音と議場の品性

 早朝散歩の出来事です。朝5時ごろと言っても明け方とは思えないほど暗い感じの住宅地内を5~6台のオートバイが轟音を響かせて走ってゆきました。どう考えても仕事先へ急ぐような感じではなく、住民の迷惑など考えないいわゆる”暴走族”の仕業だろうと思いました。というのもバイクの轟音はしばらくその近辺から聞こえてきたからです。

 午後1時30ごろのことです。テレビをつけると国会中継中でした。どうやら安倍総理所信表明演説のようです。テレビ番組に興味があってチャンネルを合わせたわけではないのでしばらくそのままにしていました。しばらくすると総理の演説は終わりました。そのあと本会議場の議員の発言が映し出されました。発言内容はわかりませんが、何とも「品位」のない”迷惑”な発言でした。それははじめと終わりのことばの表現が「〇〇〇〇ま~~~~~す」というもの。白いペーパーを持っていたので読み挙げたのでしょう。本人が書いたものか、先輩議員とか幹部からの指示で読み上げたものか知らないが、何とも品位のない迷惑発言であった。

 もしこの発言の仕方を小中学生や高校生が学校で生真面目に行ったとしたら、教師はどのように対応するのだろうか。議員も先生と言われるが学校の先生以上に「品位」を重んじてほしいものだと愕然とせざるを得ない風景をテレビを通じてみてしまった。税金の無駄使いと言って良いのだ。

 この議員の表現方法は議場では通常な行為なのだろうか。だとするとなんとも”どうぶつえん”の風景としか映らない感じである。厳罰を期待する。この議員は誰だろうか。

 発言のあと議長が「これにて閉会します」といってトントンと木槌をたたいて終了した。不愉快な思いが続いている。