読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

集団就職世代の想い出といま

北東北の奥深い山の集落から15歳の誕生日を迎えたばかりの少年が大都会の町工場に就職した。それから60年ほどが過ぎたいま、さまざまな想い出とこれからを綴る。

小江戸川越と深大寺を楽しむ

 

 23日(日曜日)は近隣の人たちと小江戸・川越、青梅の塩船観音、深大寺などを巡るバス旅に参加しました。前の晩は雨だったので天気が心配でしたが、当日は実に旅日和といった天候でした。おそらく参加者全員が善人だったのだろうと感謝いっぱいの1日でした。

 小江戸・川越の街並みは大変混んでいました。街並みの風情を楽しみながら菓子屋横丁に足を延ばしました。横丁は「口」の字のように路地が4画になっており様々なお菓子屋さんが両側で商売をしていました。なかなかの人気ぶりにこの横丁を考え出したアイデアに脱帽でした。

 川越から青梅の塩船観音を経て深大寺へ。観音様の周辺はつつじが楽しめるということでしたが時期が少しばかり早かったのか楽しめるつつじの花は少なかった。この観音像を見学したのは初めてでした。

 深大寺はちょうど桜が終わった時期ながら周辺は大変な混雑ぶりでした。門前のお土産屋さんで深大寺そばなどを買い込んで帰路につきました。感謝の1日に再度感謝です。

f:id:yasanjin2016:20170424150539j:plain     小江戸・川越のシンボル「時の鐘」

f:id:yasanjin2016:20170424151215j:plain 青梅の「塩船平和観音立像」

f:id:yasanjin2016:20170424144402j:plain    深大寺本堂