読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

集団就職世代の想い出といま

北東北の奥深い山の集落から15歳の誕生日を迎えたばかりの少年が大都会の町工場に就職した。それから60年ほどが過ぎたいま、さまざまな想い出とこれからを綴る。

速足散歩10月は19回

 ウエイトコントロールのためにと始めた”速足散歩”は今月19回(日)に達した。この散歩を始めたのは7年ほど前かと思う。肥満だった当時”健康増進”をぼんやり考えていた。何かの会合で、看護師さんが「速足で20分以上歩くのが一番」と話したのが頭に残っていた。しばらくして早朝に1時間ほど歩くことにしたのが始まりである。

 心がけは、速足で1時間歩くこと。天候が不順だったら無理をしないこと。もちろんわが身の調子が悪い時は思案することなく休止すること。ま、いい加減ともいえる”速足散歩”の始まりである。継続は力なりーで、のちのパート仕事と相まって、脂肪太りが少し削げてきた。しばらくぶりに会う人は「どこか悪いのですか。随分とほっそりしたようですが?」と言ってくれるほどになった。当方は「いたって健康です。一生懸命絞っているんですよ」と、散歩の効果を説明した。

 とはいうものの、今年は夏の間”暑さ”を理由に中断していた。10月になってようやく再開したわけである。この10月、前半は半そでシャツで散歩できたのに後半になるとジャージを羽織るほどに気温が下がってきた。この気温差でウエアと体温コントロールが悩みの種だが、無理せずを貫き19日も歩いたことは”努力賞”と言って良いと思う。

 いわゆる”夏太り”を削ぎ落としながら健康維持のために、寒さに向かって”速足散歩”を継続したいものである。