読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

集団就職世代の想い出といま

北東北の奥深い山の集落から15歳の誕生日を迎えたばかりの少年が大都会の町工場に就職した。それから60年ほどが過ぎたいま、さまざまな想い出とこれからを綴る。

なぜか?同級会、同窓会が続く

 梅雨期のような雨、曇り空が続いている。こんな時期に同級会やらサークルOB会の案内が届く。みんなもう高齢者だから毎日が休日間違いなしだろう。少し涼しくなるから企画しようなどの発想かもしれない。

 10月8日(土)は、中学校を卒業し関東圏に就職した同級生が集まる。

 10月14日(金)には、大学のサークル仲間(OB)が集まる。

 10月16日(日)には、定時制高校の同学年の仲間が集まる。

 当方は、立て続けに参加できないのでパート仕事が休みの日を利用して中学校と高校の卒業生仲間に会うことにした。会ったとしてもどれだけ顔を思い出せるか自信がないが懐かしく思い出話に花を咲かせようと楽しみにしている。

 元気で会えるのが何よりといえる年齢になったことをかみしめながらーー。