集団就職世代の想い出といま

北東北の奥深い山の集落から15歳の誕生日を迎えたばかりの少年が大都会の町工場に就職した。それから60年ほどが過ぎたいま、さまざまな想い出とこれからを綴る。

日記

昆虫と「野蚕」の仲間たち

カイコといえば一般に、屋内で飼育され白い繭を作る幼虫のことである。この種のカイコとは別に森とか林といった自然の中で生育し繭を作るカイコの仲間もたくさん見られる。前者は家で飼育されるために「家蚕(かさん)」と呼ばれ、自然で生育するカイコは「…

昆虫、そして様々なカイコたち

朝日新聞の連載「昆虫LOVE」にはカイコの仲間たちが登場しました。とくにカイコの仲間である「野蚕(やさん)=ワイルドシルク」と少しばかり関わってきたものとして素人なりに説明してみます。 カイコは、連載にあったように「完全変態」する昆虫の中の…

昆虫大好き~余談

特別「昆虫大好き人間」ではありません。ただ、随分前からカイコの仲間である「野蚕(やさん)=ワイルドシルク」と少しだけ関わるようになり、専門家たちの会合にも参加してきた。そんなことから朝日新聞の連載を興味深く読みました。 ワイルドシルクに関心…

「昆虫LOVE」連載11回で終わり

楽しく読んでいた「昆虫LOVE](朝日新聞連載)が第11回(6月6日付け)で終わりました。機会がありましたら次の企画を早く掲載してほしいと願っています。 10回目と11回目は、昆虫食の話でした。10回目に登場したのは都立園芸高校から東京農大…

ヤママユの美と迫力

見出しは「朝日新聞」の連載から借用しました。連載は「いま子どもたちは」(教育面6月4日付け)の9回目です。 今回登場するのは都立園芸高校の昆虫部(部員は20人ほど)で活動している高校生2人。研究対象は「ヤママユやその仲間」のことらしい。ヤマ…

昆虫大好き~朝日連載に見る

朝日新聞の連載「昆虫LOVE」(教育面「いま子どもたちは」)が楽しい。 3回目の記事では、成田西陵高校2年生の女子生徒が登場する。彼女は小学生の頃に同校「昆虫館」のことを知ったという。その後も昆虫に興味を持ち続け進学校を決めたようである。 …

昆虫の魅力と野蚕(やさん)と

いまから25年ほど前だったと思うが、仕事でお付き合いいただいていた先輩から「いま、野蚕(やさん)が面白い」と教えてもらい、少しだけ勉強するようになった。以来、野蚕の研究者団体や野蚕糸を素材にしたビジネス関係者の会合に参加するようになった。…

5月の散歩は27回

5月も今日で終わりです。当然明日から6月ですね。時間のスピード感が随分と早く感じられます。 健康のためと続けている5月の散歩は31日の内27回(日)を数えました。この回数は努力賞ですね。感謝です。今月休んだのは、朝方雨で、夕方にかけて行事が…

資本主義の不公平さを考える

ごく最近のこと政党機関紙「赤旗」(5月5日)に「不公平な資本主義に対抗する」とのタイトルを発見して興味深く読みました。バングラデシュで「グラミン銀行」を創設し、のちにノーベル賞を受賞したムハマド・ユヌス氏のインタビュー記事のようである。 彼…

「金融所得」課税が問題のようです

朝日新聞17日付コラム「経済気象台」に「税による再分配弱い日本」の見出しの記事が掲載された。見出しに惹かれて読んでみると”なるほど”とうなづかされたしだいです。 コラムは社外筆者によるものらしい。それでも記事を採用したのは朝日である。 筆者は…

映画「マルクス・エンゲルス」を観ました

4月30日(月・祝日)映画「マルクス・エンゲルス」を観に行きました。世間はゴールデンウイークの前半という。上映開始40分ほど前に到着したのだが、チケット売り場前には長蛇の列。これでは座って観れるか心配になったが会場担当者の振る舞いから大丈…

やりました。4月は29回の散歩

やりましたよ。4月は30日のうち29回(日)散歩しました。よく頑張ったでしょう。素直に座布団1枚と行きましょう。 この回数は、早朝に歩いたこと。朝が雨なら夕方に歩けたこと。そんな日が多かったということでしょう。努力もあるが天候条件も重なった…

南北統一に期待を持って

マスコミは一斉に朝鮮の南北首脳会談を大きく報じている。4月27日、いわゆる国境のそばの韓国・板門店の「平和の家」で韓国大統領と北朝鮮委員長の首脳会談が行われ、「板門店宣言」に署名したというもの。 宣言の内容で注目されるのは「朝鮮半島の非核化…

元大臣の発言は「慎んで」済むことですか

モリ・カケ問題に絡む「公文書改ざん」から、日報の「隠ぺい」、さらには「セクハラ問題」まで発展して政府や官庁、政治家に対する信頼は地に落ちてしまった。 一連の問題で元文部大臣の発言は決して許される内容ではない。25日の朝日新聞を読みながら公党…

疑獄史を塗り替える「公文書改ざん」許すな

きょうも夕方近くに駅前を通ったので夕刊紙「日刊ゲンダイ」を買いました。 1面見出しは「疑獄史を塗り替える森友加計」そして「官邸主導、役所ぐるみという驚愕」である。もちろん毎日のように新事実が明らかになる「公文書改ざん」問題が記事の中心である…

話題は「首相案件」と「記憶の範囲」

高齢者が数人集まると、年金振込月でもあるためか年金の少なさや健康状態、そして医者代の負担が話題になる。顔ぶれは70代がほとんど。 健康状態では、背中が痛い、首が痛い、膝が痛い、腰が痛い、イボが痛くて歩くのがつらい、気候変動で気分が落ち込む、…

国民生活安定のために消費増税断念を!

いま関心のテーマは、公文書の改ざん、隠ぺい、ねつ造だろうか。 朝日新聞3日付け経済面に編集委員氏による「公文書改ざん財務省悪玉論に走る愚」の記事が掲載された。見出しに”そだね”と思いながら読み進んでゆくと終盤で消費税が話題になり、編集委員氏は…

ほうれん草と春菊のタネを蒔きました

近くのホームセンターが改装休業のため頼りの野菜の苗が入手できません。苗だけでなく肥料や種も難しいので畑の野菜作りが遅れています。 悩んだ末、かなり離れたホームセンターに行き、春菊、ほうれん草、春大根、サニーレタス、ニンジンの種を買いました。…

3月の散歩は「頑張りま賞」でした

早いですね。2018年ももう3ヵ月が過ぎてしまいました。 この間まで「けさも寒いね!」があいさつでしたが、いまは「お花見終わったかね」に変わりました。季節の様変わりを感じるこの頃です。 さて、今月の散歩回数は18回(日)にとどまりました。要…

アベ政治を許してはならないの怒りを!!

新聞・テレビは「森友公文書改ざん」問題で忙しいようだ。日曜日夕方は「笑点」が何よりの楽しみである。チャンネルをそのままにしていると「真相報道」に変わる。この番組を観ながら(なかなか”深層”に迫り切れていない様子だったが)懸命に考えました。 い…

新階級「アンダークラス」と孫の顔

先に『新・日本の階級社会』(講談社現代新書)の衝撃をまとめたが、「日刊ゲンダイ」3月16日付は著者・橋本健二早大教授のインタビュー記事を掲載した。 見出しが注目される。それは「子供がアンダークラスに転落したら、孫の顔を見られませんよ」。それ…

改ざん文書のもとで総選挙だったんだ

17日夜テレビの報道番組を観ていると、あの「森友公文書改ざん」が話題であった。そうだったのかと感心させられたのが、昨年の総選挙のことだった。 記憶では、消費税率を10%に引き上げるが、その税収分を借金返済ではなく子育てや教育援助に振り向ける…

麻生辞任は既定路線なのだ

「森友文書書き換えの疑い」を、朝日新聞が報じたのが3月2日付1面。その後、12日(月)には政府自身が文書の改ざんがあったことを認めた。政府が改ざんを認めることは11日の日曜日に報じられていたから、土曜日の時点で方向性が固まっていたのだろう…

民間なら麻生も辞職は当然

いわゆる森友問題で財務省が公文書改ざんを認めた(3月12日)。このようなことがあっていいはずがない。許せない。この件の感想として麻生大臣は辞職に値すると書いた。 14日の新聞やテレビでは、財界の経済同友会代表幹事が「調査してから辞めるか不祥…

いちごと”食品ロス”と

いちご狩りのことを書いたら、きょうの新聞では「いちご」の記事が目についた。 このところ、カーリング女子の活躍で「いちご」も話題になった。それに合わせて日本原種の”韓国いちご”が問題になった。そして朝日新聞8日付「経済気象台」は「いちご」の食べ…

やはり「病は気から」でしょうか

血圧が高いといわれてからどうも気分的に体調がすぐれない。昔言われた「病は気から」を想い出して笑い飛ばそうとしたが、どうも大人げないと思い近くのお医者さんに相談することにした。 近くの医院は、開業から4か月ほど。看板に「高齢者内科」と書いてい…

いちご狩りのバス旅を楽しむ

4日・日曜日は、いちご狩りと海鮮浜焼き食べ放題のバス旅を楽しみました。 海鮮浜焼きは、日曜日とあって”早い者勝ち”が良いとの主催者の意向に従い、11時頃から食べることにしたのだが、その狙いが外れて3番目になってしまった。しかしそのあともバスは…

再・下流老人とは!

先に、自分のことを「下流老人予備軍」と書いた。 あとになって、実は「予備軍」ではなく「下流老人」の1人で間違いないのではと疑問を抱いた。改めて藤田孝典氏による『下流老人』(朝日新書)を読み直した。 藤田氏によると「下流老人」の具体的指標は次…

2月の散歩は20回(日)どまり

カレンダーの進み方がますます速くなっている。もうきょうから3月なのだ。 昨日までの2月の散歩は20回(日)にとどまってしまった。この程度と観念するしかなかろう。 理由は、天候のせいもあるが、寒さもあって早朝の散歩を控えたこと。それに体調を考…

「死ぬまで働く」は最良の人生

高齢者の貧困実態は様々な形で取り上げられている。最近『続・下流老人』(藤田孝典著、朝日新聞出版)を読んだ。この本は、高齢者が「死ぬまで働かざるを得ない」現実を告発し、それを解消するため様々な政策を提言している。高齢者の現実をまとめた著作と…